借りてきた猫のように

――フィクションの中で生きる~映画・小説・音楽・マンガなどの日常――

カテゴリー "ドラマ" の記事

タイムリープはくりかえす(2016年7月25日)

ドラマ『時をかける少女』

 渋谷PARCOにて「時をかける少女カフェ」開催中(7月7日~8月7日)。夕食時より少し早目の時間を目指していったらもっとも混雑している時間帯の一つであったようで、丸々2時間待ち。整理番号と呼び出しのメールサービスがあるので、待ち時間中によそで時間をつぶせるのはありがたい工夫(と思ったらメール来なかった。あれ?)

 現代のアニメ界を牽引する細田守監督の制作拠点である「スタジオ地図」初のコラボカフェであり、細田監督のオリジナル劇場映画第一作『時をかける少女』(2006)公開十周年を記念する試みで、このほかにも旧作の劇場上映やDVD(ブルーレイ)のアニバーサリー版リリースなどが続く(細田監督の長編映画第一作はマンガ『ONE PIECE』の劇場アニメ第6作『オマツリ男爵と秘密の島』[2005]になるが、オリジナル脚本による監督作品としては『時をかける少女』が第一作)。
『時をかける少女』、『サマーウォーズ』(09)、『おおかみこどもの雨と雪』(12)、『バケモノの子』(15)の長編4作品をモチーフにしたオリジナルコラボレーションメニューは、期間限定ならではのユニークな創作料理になっていて、作品との連関を探るのも楽しみ。たとえば、『時をかける少女』にまつわるメニューでは、「(主人公の)真琴がとどけてくれた桃をふんだんに使った桃とトマトの冷製パスタ」や、「タイムリープ!? プリン・アラモード 食後に何かが起こる!?」など、作品をもう一度じっくり見返してみたいと思わせてくれる趣向が凝らされた丁寧な仕上がりが嬉しいかぎり。原画や背景美術などの展示に囲まれて、作品世界にどっぷりと浸ることができる雰囲気も魅力。「トートバッグ」や「マグカップ」、「携帯ミラー」などカフェ限定グッズも充実している。夕食時の時間帯で、長時間待たなければならない背景もあるのだろうが、家族連れは皆無で、20代以上の女性層(大学生より上)が目立つ。

 7月13日からは新メニュー「あの夏の青空と入道雲ソーダ」が加わり、あちらこちらで「7月13日=ナイス(713)の日推し」。
はて、「『ナイスの日』ってなんだっけ?」と思ってたら、そういえば、細田版『時をかける少女』にてタイムリープによりくりかえされる一日が7月13日で、真琴が鉄道の踏切にて事故に遭い、宙を舞いながら「今日はナイスな日なのに」と不運を嘆く場面が確かに思い起こされる。細田版『時をかける少女』は「青空と入道雲」の青と白のイメージが何よりも印象深く、夏休みを直前に控え、夏休みに対する期待がもっとも高まる夏の一日ということなのだろう。

 ところで私は教養科目「現代文化における思春期の表象(現代日本文化論)」にて、『時をかける少女』を素材に扱っており、筒井康隆による原作小説(1967)、NHK少年ドラマシリーズ『タイムトラベラー』(1972/一部しか残存せず)、大林宜彦監督映画版(1983)から、【TVドラマ】「南野陽子版」(1985)、内田有紀版(1994)、安倍なつみ版(2002)、【映画】角川春樹監督/中本奈奈版(1997)、谷口正晃監督/仲里依紗版(2010)までを比較検討する試みを導入していて、細田守版(2006)は当然その中で重要な分岐点に位置づけられるのだが、後期科目ということもあって、「『時をかける少女』=夏」という印象はこれまで特に抱いていなかった。大林版映画にしてもスキー教室の場面から物語がはじまり、設定は2月から新学期にかけての時期。内田有紀版(1994)も2~3月、安倍なつみ版(2000)はクリスマス・シーズン、仲里依紗版(2010)でもスキーが物語の中で重要な役割をはたしており、設定は冬。

 ここにきて現在、日本テレビ系列で7月9日より最新のTVドラマ版『時をかける少女』が放映されており、夏のイメージが強調されていることからも、細田守版を強く意識して継承されていることが伝わるものであるのだが、それだけ細田版の試みが革新的であったというわけだ。先行する「安倍なつみ」版(2000)が放映された「モーニング娘。新春! LOVEストーリーズ」の枠組みで、『はいからさんが通る』『伊豆の踊子』と併せてのオムニバスドラマであったことが体現しているように、この時点ですっかり『時をかける少女』も古典の定番作品に位置づけられていた。細田版ではすでに古風な物語と化していたこの作品を、「原作の出来事から約20年後を舞台に次世代の登場人物がくり広げる物語」として新しい生命を吹き込み、従来の作品群に対するオマージュを随所に散りばめながら、同時に新しい世代の新しい物語としてゆるやかな設定に翻案する可能性を切り拓いた。仲里依紗版(2010)もこの細田版の延長線上にあり、エッセンスを共有しながら独自の物語として成立している。
 さて最新のTVドラマ版(出演=黒島結菜・菊池風磨・竹内涼真)であるが、原作および従来の『時を守る少女』作品群に対するオマージュを示した細田守版に対し、さらにオマージュを捧げ、正統的に継承すべく、「7月13日=ナイスの日」の夏の印象を強調し、細田版では東京が舞台となっているところを、海の街、静岡県の沼津・伊豆・下田を主なロケ地とすることで、海の街、尾道を舞台にした大林版への連想をも呼び込みながらそれでいて新しい物語としての特色も出している。また、細田版では「今のままでいたい」という感覚を高校2年生の設定によって表していたが、高校3年生の設定に変更することで、高校卒業後は皆、バラバラになってしまう可能性が高いことを示唆し、十代特有の刹那が強調されている。
 現時点で全5回のうち、3回分の放映が終了しており、全5回は連続ドラマとしては中途半端に感じられる回数であるが、実は内田有紀版も全5回であり(南野陽子版、安倍なつみ版は単発)、原作も中編であったことからもちょうどいい分量なのだろう。通常、主題歌が流れるオープニング映像はシリーズで同一となることが多いのだが、その回のストーリーを盛り込み、細部に変化を加える趣向などきめ細かい演出が施されている。今日の二次創作文化も見越しているのか、ファンの間で画像や動画を駆使したサイドストーリーが様々に交わされているのも興味深い現象になっている。
 脚本を担当しているのは愛媛・松山出身の渡部亮平(1987- )で、女子高生2人の友情と狂気を描いた異色の自主映画『かしこい狗は、吠えずに笑う』(2013)や、TVドラマ『セーラーゾンビ』(2014)などで注目されている期待の20代。羽海野チカによる人気マンガ『3月のライオン』の映画版でも脚本を担当する(2017年公開予定)。真正面からストレートに青春や十代の瞬間を捉えようとする姿勢に好感がもてる。従来の作品群の伝統を踏まえた上で、現代の現役の世代の新しい物語に再生させてくれていて、ここから新たにこの物語に触れる世代を過去の作品に誘ってくれることだろう。










スポンサーサイト

2015年12月29日

「突然、女の子が15センチほどに小さくなってしまったら・・・?」

そんなありえない仮定の物語が時代を超えてくりかえし描かれ、現在放映中の『南くんの恋人~my little lover』(全10話)は4回目の映像化作品となる。

内田春菊によるマンガ(『南くんの恋人』1987/『ガロ』初出)を原作にしたもので、このたびも「新装オリジナル版」が刊行されている。新たに加えられた文章やエッセイマンガなどもなく、そっけない表紙はやや残念だが、原作と映像化作品のトーンの違い、エンディングの解釈などをめぐり、作者を巻き込んで議論になってきた経緯もあり、刊行から30年近くたってもはや「古典」の域に達しているということでもあるのだろう。

1990(TBS/2時間ドラマ)石田ひかり・工藤正貴
1994(テレビ朝日/10話+スペシャル編)高橋由美子・武田真治、岡田惠和脚本
2004(テレビ朝日/11話)深田恭子・二宮和也、中園ミホ脚本
2015(フジテレビ/10話予定)山本舞香・中川大志、新井友香脚本

25年におよぶ映像化作品のファンもそれぞれあり、注目度も高いはずなのだが、月曜深夜2:35~3:30の放映でしかも関東ローカルとは一体何なのだろう? 朝型派も夜型派もさすがに交錯しえない「月曜から夜ふかし」どころじゃないド深夜で、潜在的な視聴者層をも一切拒むような時間帯に、学園ドラマの王道のような作品はシュールにしか映らない。そうはいってもテレビの見方も変わってきているわけでネット上での「見逃し再生」も充実しており、届くべき層には伝わっているのだろう。

しかも11月スタートでようやく軌道に乗ってきたところで年末年始の特別編成が入り、全体で10話中現在は6話までで中断。既発表分までをDVDで発売するなど途中で話題を盛り上げる期待も見込まれているのかもしれないが、効果としてはどうなんだろうな。個人的にはものすごくリズムに乗りにくいサイクル。放映開始前の特別番組もバレーボール中継の延長に伴いしょっぱなから「放映が流れる」など試練続きではあったのだが、現実離れしたベタな設定に対して、家族や地域(千葉県館山市)の詳細、主要人物の葛藤などを丁寧に描き込んでおりメリハリが巧く効いていて回を追うごとにおもしろくなっている。

もともと原作は1巻本であり、長編作品ではないのだが、その分、作り手の想像力をふくらませる余地があるところが複数の翻案作品を生み出す土壌となっているのだろう。「『いたずらなKiss 2』(フジテレビ系列、2014-15)のスタッフ(小中和哉監督)が結集」という触れ込みだが、私としてはドラマ『祝女』(2010-12)の脚本家・新井友香の作品という印象で、芝居がかったコミカルでテンポのいい演出や、女子のめんどくさい感じがこれまでの版と比べて際立つ特色と言えるように思う。

個人的にはヒロインのちえみ役を演じている山本舞香のベスト・パフォーマンスはドラマ『13歳のハローワーク』(2012)なので、もう少しツンとしたクールな感じのキャラの方が彼女には合っているように見えるのだが。こんな騒がしくてめんどくさそうな女の子役でいいのかな?(中川大志ファンからウケが悪そうでちょっと心配)。三井のリハウスガール(14代目、2011)、JR東日本SKISKIキャンペーン、映画『桜の雨』(2016)主演・・・と着実にキャリアを重ねてはいるものの、もう一歩という感が残るのでぜひとも代表作になってほしいのだが(だいたい三井のリハウスガールは14代で終わったのか? 何となく打ち切りだとしたらひどすぎないか?)。

それはともかく、くりかえし映像化されている古典マンガ作品ということもあり、原作と異なるオリジナル・エンディングが用意されることは企画発表時から示されており、作品の世界観が一番現れるところなので今後の展開が楽しみ。

『南くんの恋人』は内田春菊の初期作品に位置づけられるもので、思春期女子の疎外感をテーマにした『物陰に足拍子』(1988-91)、「普通の女の子(らしくしなさい)」という規範に対する不自由とそこからの解放を描いた『幻想の普通少女』(1987-92)などと並ぶ代表作であるのだが、「突然、女の子が15センチほど(原作は16センチ」に小さくなってしまったら・・・?」という仮定の設定をもとにした寓話形式の物語で、後年、作者が「小美人ポルノ」と言及しているように、十代男女の異性の身体に対する関心なども主要なテーマとなっている。ドラマ化の変遷の中で南くんのキャラクターは変化(進化?)していくことになるが、もともとの原作の南くんは平凡でおとなしい高校生男子で、それぞれの家族もほぼまったく描かれず2人だけの世界になっているために、恋愛や学園ドラマの要素などはほぼ入ってこない。

これがドラマ化となると、ド深夜の時間帯であったとしても、当然のことながら「小美人ポルノ」の展開をたどることはないわけで「純愛」の要素が強調される。プラトニック・ラブ・ファンタジーと「小美人ポルノ」的寓話という相反する要素が同じ物語を軸に成立しうるのもおもしろい。

「小さくなってかわいい女の子を守ってあげる男の子」という家父長的な構図もなんとなくドラマ版ではぼかされるのだが、2013年に内田春菊によって発表されるマンガ『南くんは恋人』(女性向けマンガ雑誌『Cocohana』にて連載)では、小さくなる男女が逆転し、南くんの方が小さくなってしまう。『南くんの恋人』刊行25周年を記念しての企画であり、ドラマ版も含めた往年の作品のファンが期待する中で、身体が小さくなった南くんは「かわいい」どころか自信を失い、心までもが小さくなり、すっかりわがままで嫌な奴になってしまっている。誰の気持ちをも幸せにしない25周年記念企画となっているところが何といっても素晴らしい。翻って、「女の子が小さくなってかわいいよね」と思ってしまうとしたらそれは一体何なのだろうと考えさせられる。十代の身体や心についての捉え方、性別による社会や人間関係のあり方についてなど、内田春菊の初期作品はもう少しちゃんと評価されてもいいのにな。

2015年のドラマ版は主人公の二人に子どもの頃からの幼なじみという設定を加え、「一寸姫」のおとぎ話を踏まえた上に、ヒロインのちよみが小説を書くのが趣味という人物造型を施すことによってファンタジーが成立する背景を下支えしている点も巧い。







2015年7月30日

 若い世代のテレビ離れが加速度的に進んでいるとよく言われていて、実際に接している学生の反応をみる限りでも、ここ数年で共有されている番組コンテンツはほぼ皆無ではないかと思われる。

 もちろんエンターテインメントの領域はなおも発展を遂げているわけで、興味や関心がますます細分化している中、どのような領域で、どのような表現者が、どのように現代の状況を捉えようとしているのかを探る際に、たとえば、評論家・宇野常寛が主催するPLANETS『文化時評アーカイブス2014-2015』(朝日新聞出版)などの「年間総まとめ」はとても参考になり、一年分の収穫をまとめて追いかけてチェックするのが大いなる楽しみとなっている。リアルタイムで立ち会えなかったのは残念ではあるけれども、ネット上のレビューや反応を確認することで共時性を追体験することもできる。

 『文化時評アーカイブス2014-2015』で設定されているカテゴリー(メディア/ジャンル)分けはかなりシビアで、見るべき収穫がそこにないと判断されればばっさりカテゴリーごと消失してしまう(独断と偏見による編集がおもしろいのでまさにそれでよい)。「小説」はライトノベルや村上春樹作品(『女のいない男たち』)を除いてもはや項目がないし、「J Pop/音楽」も「アイドル」や「ボーカロイド」を除いてほぼ消えてしまった。私自身は「ゲーム」はまったくやらないし(文化研究者としては致命的)、「アイドル」にも疎いので、こうした文化批評による現状の概観が唯一の情報源となっている領域も多い。

 その中でここ数年、「テレビ(ドラマ)」に対する注目の高さが誌面の中ではっきり現れてきている。「テレビ離れ」「予算縮小」「ゴールデンタイム枠のドラマ視聴率大コケ」などの背後で、確かにとりわけ深夜テレビドラマ枠は表現者にとっての「実験場」として有効に機能しており、また、視聴者にとっては何の気なしに時間を過ごす際に、「こんなド深夜になんでこんなの(おもしろいの)やってんだ?』」程度の気楽な感覚が深夜テレビの隆盛を支えているのだろう。

 『文化時評アーカイブス2014-2015』による個人的な収穫の一つとして、WOWOWによるテレビドラマ『モザイクジャパン』(2014)がある。アダルトビデオ(AV)業界に依存しきってしまっているある架空の地方都市を舞台に、証券会社をリストラされ、郷里に帰ることになった男性主人公の戸惑いを描く物語。「地上波」ではない衛星契約チャンネルの特性を活かした脚本家・坂元裕二による作品で、現在、テレビドラマでどのような表現の可能性を切り拓くことができるかを探る野心作。ラブホテルものやAVものというか、過剰な性を描きながら最後は純愛の物語に、というのはこの種の物語で鉄板とも言える既定路線であり、この作品も同様であるが、「地方」をめぐる経済・文化構造の問題なども織り交ぜながら、地上波と差異化をはかろうとする実験作としておもしろい試みになっている。

 もう1点は福田雄一監督による『指原の乱』(2013-14)。「深夜テレビ」(23時以降放映される番組)の枠のみならず、映画『女子ーズ』(2014)をはじめ、現在もっとも精力的に作品を発表し続けている福田監督による「ドキュメント・バラエティ」番組。『勇者ヨシヒコと魔王の城』(11)をはじめお決まりの「予算がない」条件の中でHKT48の指原莉乃がやりたいこと(写真集や映画を作りたいなど)を実現させようとしていくプロデュース企画。「あの舐めてる感じがいい」指原のキャラクターと、複数の作品で彼女を起用し続けている福田監督ならではの絶妙な/とぼけたコンビネーションの賜物ではあるのだが、「予算がない」「どうせ視聴率も期待されていない」状況を逆手にとって好きな企画を好きなように制作できる環境は、本来なんでもできるはずのテレビというメディアのあるべき姿を体現しているように思う。

 ムック本『21世紀深夜ドラマ読本』(洋泉社)は、活況を呈している「深夜テレビ」枠の現況と可能性を展望する上で多くの示唆をもたらしてくれる。確かに近年、多くのヒット作を放ってきた「テレ東深夜ドラマ」枠(「ドラマ24」)だけをとっても、『嬢王』(05)、『勇者ヨシヒコと魔王の城』(11)、『モテキ』(10)、『マジすか学園』(10)、『孤独なグルメ(Season 1)』(12)、『アオイホノオ』(14)、『山田孝之の東京都北区赤羽』(14)、『みんな! エスパーだよ!』(13)、『なぞの転校生』(14)などが並び、大根仁、福田雄一ら深夜ドラマを主戦場としてきた表現者に加え、フィクションとドキュメンタリーの境界線の狭間を探り続けている映画監督・山下敦弘・松江哲明、はてはベテラン格の園子温(『みんな! エスパーだよ!』監督・脚本)、岩井俊二(『謎の転校生』プロデュース・脚本)まで、どうかしてるぐらい豪華なラインナップになっている。

 「巻末付録 おもな21世紀深夜ドラマリスト」を一望するだけでもこの「場所」(深夜テレビ)が作り手にとって今もっとも魅力的な「磁場」として機能していることがわかる。『21世紀深夜ドラマ読本』の表紙に起用されている俳優・山田孝之が象徴するように、キャストもまたこの「磁場」に引き寄せられ、共に企画の段階から作品を作り上げていこうとする姿勢に最大の特色があり、下世話に推察される類の「事務所」や「代理店」の論理と異なる回路で人が動き、新たな表現が生み出されている点に最大の魅力があるのだろう。

 現在もっともエッジの効いた俳優・山田孝之と、映画(『大人ドロップ』[2014])・舞台・テレビ(『荒川アンダー・ザ・ブリッジ』[2013])など領域横断的に活動を展開している飯塚健によるテレビドラマ(MBS)『REPLAY & DESTROY』がDVDボックスとして発売。もともとは携帯配信ドラマをもとにしていたらしいが、男性3人によるシェアハウスを舞台にした物語。テンポのよい独特の台詞まわしが特徴的で、「演劇的」というか、とにかく登場人物たちがベラベラどうでもいいことを喋り倒す。好き嫌いが分かれるところだが、一度はまると中毒性のある不思議な世界観。映画監督志望だが、現在はフリーターで何も成し遂げていないのにとにかくエラそうな主人公を山田孝之が演じていて、愛すべきその憎らしさを魅力と思えるかどうか。過剰な台詞とテンポの良いトークは深夜の雰囲気に似つかわしくないはずなのだが、律儀にすべての話につきあう義理もないわけで、「こいつまだ喋ってんのか」ぐらいの気持ちでつきあうのが深夜枠にはちょうどいいのだろう。ハイなテンションとまったりしたテンションとの混在具合いが(たぶんDVDで観るよりも)心地よいと思えるかも。
















2015年5月1日

GYAO!による配信ドラマ『女子の事件は大抵、トイレで起こるのだ。』が5月20日からスタートするとのこと。アメリカのティーン・フィルムでは「ロッカールーム前」で事件(?)が起こることが定番ですが、確かに女子トイレは男子禁制のプライベートな領域であり、女子中学校のトイレを舞台にするという狙いはおもしろそう。
現時点では情報が少なすぎてよくわかりませんが、中でも神聖かまってちゃんのドラマー、みさこ「主演」というのが一番よくわからない。何をどうやって? 中学生役ではないとして、トイレの掃除のおばさん役らしい?
 とはいえ、B型女子の魅力というか、つかみどころのなさと何をやっていても楽しそうで、永遠に部活動が続いているような、みさこの活動には期待しているので(すべての活動を肯定しているわけではないですが)いい企画になればいいなと思ってます。オーバーアクションで力強いドラム・パフォーマンスは見ていて飽きないですし、キャリアを重ねても永遠のアマチュアリズム(好きだからやってるという良い意味で)を貫いている感じが素晴らしいです。
 ってみんな「蒼波純ら現役JC17人」を目当てで観るのか。感触としてはおもしろいドラマになりそう。

2015年4月30日



テレビ東京系列で放映されていた連続ドキュメンタリードラマ『山田孝之の東京都北区赤羽』(松江哲明・山下敦弘監督)が待望のDVD化。放映中から散々話題になったものですが特典映像と併せて600分! 嬉しいやら何とやらでようやく通して観終わりましたが、ダラダラ楽しむところに醍醐味があるのでしょう。「フェイクドキュメンタリー/ドキュメンタリードラマに何ができるか」を考える上で重要な作品に位置づけられることは間違いないですが、よくこんなエッジの効いた実験番組を深夜とはいえ地上波でやってたなあ。もともとは2時間程度の映画として構想されていたそうですが。
 清野とおるのエッセイマンガ『東京都北区赤羽』(2008- )をモチーフに、俳優の山田孝之が舞台となる赤羽で2014年の夏を過ごした記録(「山田孝之の崩壊と再生を描く映像作品」)という設定であり、松江哲明・山下敦弘監督自身も作中に登場し、山田の実の姉(歌手のSAYUKI・女優の椿かおり)をはじめ実在の関係者なども本人役で出てきて、マンガ『東京都北区赤羽』の世界観との関連も含めて、「何がどこまで『本当のこと』で、どこからがフェイク(・ドキュメンタリー)/設定(演出)なのか」の境い目がわからなくなるところが最大の魅力です。役者としても作り手としてもものすごく難しい企画にちがいないですし、未公開テイクやヴィジュアルコメンタリーも併せるとさらに幾重にも複雑な構造があり、改めて凄味のある力作。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。