借りてきた猫のように

――フィクションの中で生きる~映画・小説・音楽・マンガなどの日常――

2016年08月の記事

ゆるーく、しなやかなる越境(2016年8月26日)

 夏の遠征として各種会合・イベントに参加してきました。
 まず広島・尾道での哲学カフェ(於・antenna Coffee House、8月21日)。夏の盛りの日曜日、坂の多い路地をぐるぐるまわりながら到着するのも街歩きとして楽しい(単に迷っていただけとも言う)。海の町・山の町・坂の町・路地の町としての尾道は少し角度が変わるだけで見える光景がまったく変わってくるのがおもしろい。「行動する哲学者」(と勝手に呼ばせていただいている)上村崇さんにご紹介していただいて、私にとって初めての「哲学カフェ」参加となりました。哲学カフェの起源は1992年のフランスに遡ることができるらしく、日本でも2001年ぐらいから大阪をはじめ様々な形で発展を遂げて定着してきているようだ。
 「哲学カフェ尾道」は今回が第2回でテーマは「私たちは、なぜ争うのか?」。終戦記念日とオリンピックの時期にあわせて、必ずしも戦争についてだけではなく、ゲームやスポーツ競技なども含めて争いや競争心、闘争本能などを広く、かつ根源的に捉えようとする試み。とはいえ、話し方や進め方に決まったルールや法則があるわけでもなく、なんらかの結論をつける必要もなく、2時間の流れを「進行役」がゆるやかに制御しながら対話を続けていく。原則12人が定員とのことで、当日の顔ぶれによっても、あるいは同じ顔触れで同じテーマであっても、その日の流れによってまったく異なる展開になるのではないかと思わせるライブ感覚も魅力。
 進行役の松川絵里さんは哲学者として研究・教育に関与しながら、「哲学ワークショップ」などの活動を支援する団体「カフェフィロ」の代表者の一人として、哲学の領域を多くの人々に幅広く開いていく実践活動を展開されている。松川さんも含めて、この回の参加者の多くは尾道以外(岡山の倉敷など)から集まっているようで参加者の背景も多様。参加してみて特に新鮮だったのは「自己紹介をしない」こと。回を追うごとに顔なじみになっていくのは自然の流れとしても、お互いの背景にとらわれずフラットに意見を交わすことがある種の理想としてあるわけで、とはいえそういった局面は実はめったにない。
 また、「結論を出す必要がなく、時間がきたら終わる」というのもおもしろい試みで、暫定的なものであったとしても何らかの結論を出すとしたらどうしても戦略的に話を進めていく意識が生じてしまい、議論のための議論になってしまいがちである。今回の「私たちは、なぜ争うのか?」というテーマはあまりにも大きなもので、さらにスポーツ競技やゲームに戦争など位相が異なる話題が混在してしまうために議論としては雑駁で未消化になってしまう面もあるのだが、だからこそよいようにも思う。ありきたりの結論で満足してしまうよりも、未消化になってしまった点については各自が持ち帰ってさらに考えを深めていく下地とすることができる。
 人は年齢や経験を重ねていく上で哲学を求めていくものであり、その一方で大学はますます20歳前後の層だけの教育機関という傾向が強くなっており(私の世代はまだ社会人入試や夜間学部による多様性があった)、高校卒業後すぐに哲学という学問分野を求める層はどうしても限られたものにならざるをえない。誰でも参加可能でそれぞれが求める要素も多様であるために運営は大変にちがいないが、様々な分野でそれぞれ生きている人たちに届く言葉で、人文系の可能性と有効性を示すとてもおもしろく意義深い取り組みが哲学カフェでは実践されていると思う。
 ところ変わって「世界のマンガについてゆるーく考える会」第一回会合が四谷にて開催(8月24日)。フランスのコミックス文化BD(バンド・デシネ)研究・翻訳者として日本のBD受容のみならず現在の海外マンガ受容を牽引してこられている原正人さんの呼びかけで30名ほどが集い、会議室が満員電車のようにぎっしり。翻訳者、研究者、コレクター、編集者、出版者、愛好家、アーティストなど多彩な人たちが集い、アメリカ、フランス、ロシア、香港、韓国、フィンランドなど言語、文化、ジャンルなど関心領域も多様。自己紹介だけでも1時間を超えたのだが、それだけでも充分おもしろく、加えて各自が持ち寄った世界のマンガ(原典、翻訳書)や紹介研究本などの閲覧と談話を楽しむことができました。
 ここ数年、海外マンガの翻訳出版はかつてないほど活況を呈しており、しかしながら海外マンガと一口に言っても多様でありすぎて、出版流通もまたさらに多岐にわたっているために概観しにくい状況にある。海外マンガ翻訳の祭典「ガイマン賞」や「海外マンガフェスタ」(2016年度は10月23日に東京ビッグフェスタにて開催予定)などもすでに5年ほど実績を重ね、盛り上がってきている。
 ファン・カルチャーの領域はどうしてもその道に入門する覚悟が求められるところがあり、「こんなことも知らないのか!」という厳しい修業時代を経てこそ見えてくる地平はあるのだろうが、「ゆるーく」間口を横断的に広げることで見えてくる面もまた確実にあるわけでそれぞれがそれぞれの知見や情報を持ち寄って対話ができる場所がこのようにしてできるのは本当にありがたい。究極的にはその言語をまったく解さずともその場で実際に作品に触れ、楽しむことができるのはマンガという視覚文化ならでは。「世界のマンガについてゆるーく考える会」は今後、月例会の勢いで継続される予定であるらしく今後の展開に期待。
 
 さらにもう一件。関西芸術座による演劇『ハツカネズミと人間』(8月18日~21日、於・シアトリカル應典院[大阪]、全7公演)は、アメリカの作家ジョン・スタインベックの小説・戯曲(1937)を原作にしたもので、日本でも特に人気がある舞台作品。翻訳・演出の亀井賢二氏によれば、40年ほど前から舞台化の構想を育んでいたらしく、舞台装置や台詞の端々に至るまで作品に対する情熱が伝わる丁寧な仕上がりになっている。「関西俳優協議会主催新人研修事業参加作品」ということで入団してから数年のキャストにより成立している作品らしいが、古典文学作品に真正面から本格的に取り組んでいる姿勢が清々しい。
 私が観劇したのは夜の部で終演は21時半近くという遅い時間であったにもかかわらず、観客層は多様で年配の方も多く、このような形で文学や演劇が街の光景に溶け込んでいるのはいいなと嬉しく思う。日程が合わず参加できないのが残念だが、8月27日(土)には稽古場にて「DO会」と銘打たれた親睦会が予定されており、出演者と観客による公演を踏まえた対話の場が設けられている。

 偶然重なったというのが正直なところなのだが(もともとは毎年恒例の名古屋・中京大学での読書会を起点に、途中で大阪に立ち寄り、その後、広島への墓参りを兼ねた帰省という旅程)、わずか一週間ほどの間に文学・演劇・哲学・マンガ・アニメなどのそれぞれの分野で、その境界を幅広く拡げようとする試みの実践に立ち会うことができたのはおもしろい経験だった。現在は人文系の危機ということを意識せざるをえない状況にあるが、こうした実践例を通してみるとまだまだできることは様々にあるのではないかという思いをあらためて実感する。










スポンサーサイト

世界の片隅のふるさとを訪ねて(2016年8月25日)

「第16回広島国際アニメーションフェスティバル」

 第16回広島国際アニメーションフェスティバルが8月22日に閉幕(於・アステールプラザ)。2年毎の開催で1985年の創設以来すでに30年を超える歴史を持つ。前回(2014年)は都合があわず参会できなかったので4年空いてしまうと久しぶりだが、同じ場所で同じ時期に変わらず開催してくれるのはありがたいことで、ホームに戻ってきたような居心地の良さがある。「今年はいつもより(来場者が)少ないなあ」という声もあったものの、プログラムや運営も落ち着いたものでイベントとしての成熟を随所に感じることができた。

 プログラムの基本構成はまずメインとなる「コンペティション」部門。今回は78ヵ国・地域から2248作品の応募があり、選考を通過した60作品が上映された。グランプリ作品に選出された「空き部屋」のチョン・ダヒ監督は韓国の女性監督。前回の第15回大会(2014年)ではノミネート59作品に日本からの作品が選出されず、騒然となったらしいが、それだけ本気のコンペティション。今回は大ベテランの山村浩二氏(優秀賞)から、多摩美大を卒業したばかりという岡崎恵理氏(国際審査委員特別賞)に、1985年生まれながらすでに各種映画祭で実績を積み上げてきている坂本友介氏(優秀賞)の3作品が入賞。
 アニメーション映画祭というと、どうしても商業的なエンターテインメントとしてのアニメ作品を期待してしまいがちなところであり、かつては家族連れががっかりして途中で早々に帰っていく姿を見送るのが定番の光景でもあったのだが、最近は「アートとしてのアニメーション」の側面にまつわる情報伝達が行きわたってきていて、「子どものためのアニメーション」、「ベスト・オブ・ザ・ワールド」などのプログラムをはじめ、アニメーションの多様性および歴史を体感できる格好の場になっている。アニメーションの原理を体験できる子ども向けワークショップから、大学や専門学校などの教育機関によるブース出展なども新たな潮流を作り出しているのではないか。
 今大会の目玉である「日本アニメーション大特集」は開催期間5日間にわたって、1910年代の最初期アニメーションから、実験性の高い現代の自主制作作品に至るまで一望できるのが最大の魅力であるのだが(2014年度は「ハンガリー」、2012年度は「ノルウェー」特集)、体力的にもよほどの覚悟がないと全部観られない。『AKIRA』(1988)や、ドキュメンタリー映画『マンガをはみだした男 赤塚不二夫』(2016)、「クリヨウジ・手塚治虫・川本喜八郎」の小特集など、もちろん一部だけ観てもおもしろい。本映画祭創設者の一人でもある木下蓮三「ピカドン」(1978)は何度観ても凄みがある。
 ほか、ドキュメンタリー映画『映画界の冒険家 カレル・ゼマン』(2015)、長編アニメーション映画『ファントム・ボーイ』(2015)、「フィンランド最新アニメーション特集」がおもしろかった。海外からの参加者も多いわけで、TVアニメ、アニメ映画など日本のアニメ文化、エンターテインメント分野の状況ももう少し概観できる工夫があればとも思うのだが、自主制作の個人作家の活動や世界のアニメーションをめぐる文化状況に光が当てられる貴重な場として定着していることは評価されてよいだろう。次回の開催は予定通り2018年8月の見込み。

 また、広島から電車で40分ほどの地方都市・呉市立美術館にて、「マンガ・アニメで見る こうの史代『この世界の片隅に』展」が開催中(2016年7月23日~11月3日)。かねてから制作状況が伝えられてきた片淵須直監督によるアニメ映画『この世界の片隅に』が満を持して11月12日に公開決定。クラウドファンディングによる資金調達と、それに連動する形で制作過程が様々な形で紹介される展開など、アニメ制作の新しいスタイルを示す代表例になることだろう。
 原作自体、戦時下の生活文化を詳細に描くところに特色があり、さらにアニメ化にあたり、当時の様々な文書・証言を踏まえた時代考証の徹底ぶりはそれだけで貴重な歴史研究になりうるもの。「ヒロシマ」を女性の視点で、少し離れた町から相対的に捉え直す試みとして、軍港・呉の舞台設定は絶妙であり、原作者の母親の出身地でもある。この展示会では、丁寧な風景・生活描写に恵まれた原作・アニメの豊富な原画展に加え、様々なトークイベントに、さらに地元の高校との連携事業(戦時中の食事やファッション)なども行われ、地域振興としても理想的でおもしろい試みが続いている。消費文化の傾向が進み、展示会開催までこぎつけたとしても、公開期間中の慌ただしい開催であることが多い中で、11月の公開までじっくり盛り上げていく長期開催の展示会となっていることも嬉しい。原作のこうの史代作品はその叙情性と実験性や遊び心に富む表現技法に特色があり、展示には作者の自作解説もふんだんに添えられていて見ごたえがある。公式アートブックは9月14日発売。
 作品のロケーションマップなども用意されていて観光産業としても頼もしいが、実際に舞台になっている境川の小春橋をまわってみると、どう贔屓目に見てもドブ川。あのー、昔の景観を残しつつせめてもう少し綺麗にできませんかね。とはいえ私の出生地でもあり、こうした形での注目はまさに望外の幸せ。アニメ映画の公開がますます楽しみに。







伯父のはなし(2016年8月17日)



 私には2人伯父がいて、小学生時代の夏休みを両親の郷里(広島)で過ごしていた際に、大学教員(教育学)をしていた方の伯父は小学生と同じぐらいの期間、祖父母の家に何をするでもなくいて、私や従兄弟たちに禅問答のような謎かけをしては答えを教えてくれるわけでもなく、不思議な存在ではあった。気まぐれに近くの海に連れて行ってくれることもあったが、缶ジュース一本買ってくれるでもなく、子どもをかまうでもなく、一人で沖まで泳いだり、夜に一緒に散歩に出かけては突然、海に飛び込んで泳ぎ出したり、自由な人だった。
 もう一人の伯父は開業医(小児科・内科)をしていて、海に連れて行ってくれると「過剰に」もてなしてくれるのだが、それはそれで厄介なところもあって、無理してでも食べたり飲んだりしなければならず、ぼんやりしてると怒られるので気が抜けなかった。せっかちで予定よりも早く「病院が気になるから帰るわ」と言い残して帰ってしまうことも多かった。
「小学生のハローワーク」としてどちらの職業に憧れるかというと「お金はなさそうだが、小学生以上に休みがあって、本を読むだけで生きていける夢のような仕事が世の中にはあるらしい(誤解)」と、「大学の先生」という職業に対する原風景が形成された。今現在の大学教員は、お金がないのは変わらないとしても、夏休みは短くなる一方で、そもそも時間の拘束が少ないだけで「休み」というわけではもちろんなく、ワーク・ライフ・バランスの観点からはガタガタになりやすい。
 開業医の伯父の個人病院には子どもの頃に何度か訪ねたことがあって、独特の消毒液の匂いに、書類や薬剤などがあちらこちら無造作に積みあがっていて、終業後でも電話がかかってきては患者さんがやってきていつまでも帰れない。毎月、「点数つけ」と呼ばれる作業があってその時はいつにもましてぴりぴりしていて機嫌が悪い。憧れる気持ちなど微塵も持てずただただ大変な仕事だなあという印象しかなかった。
 十数年ぶりに病院を訪問してみようと思い立ったものの、中国(広島)地方特有の家父長制に基づくものなのか、単に野蛮で粗野な家系によるものなのか、今の年齢になってから頭ごなしにどやされるというのはなかなか新鮮というか、つらい、おそろしい体験でした。車の免許がないことで怒られ(院生時代に免許取得分のお金をもらったことがあったのに『マーク・トウェイン全集』に化けた)、ぼんやりしてないでもっとしっかりしろと怒られ、はては字が子どもっぽいと怒られ、やることなすこと否定され、もうむちゃくちゃ。競争の激しい世界(まわりにモダンな個人病院が次々に新しくできている)にもかかわらず、80歳近くで今もなお現役であり続けているのは確かに立派であるとしても、あのー、伯父と甥の関係というのはこれほどまでに理不尽で緊張を伴うものなんですかね?
 
 院生時代にも訪ねたことがあるはずなのにその記憶は完全に抹消されていて、忌まわしい体験だったにちがいないのだが、子ども時代の記憶と漠然とつながるような、つながらないような、時間が止まっているかのような不思議な感慨に(「診察室」や「待合室」ってこんなに狭かったっけ、など)。むしろ伯父ではなく、子どもの頃にかかっていた「町のお医者さん」の記憶が思い起こされ、懐かしい気持ちに包まれる。同じように雑然とした診察室で、大柄で怖そうな風貌だったのに優しい先生で、いつも(特に親を)安心させてくれる存在だった。小児科医はお世話になっても成長と共に離れていってしまうのが常なので、その後挨拶を交わしたこともなく、今の今まで思い出すこともなかった。
 今さら伯父に仕事や経歴についてあらたまった話を聞く機会もないこともあって、このたび初めて耳にする話も多く、貿易船の船医として半年ほどの間(1970年頃)中近東などをまわっていたという話は興味深いものであったし、専門性がますます高くなっていく中での開業医の役割・意義についての話は参考になった。医療の領域にかぎらないのだが、スペシャリストを活かす上でのジェネラリストの役割・意義の大きさをあらためて再認識することができた。
 身内の身びいきはあるとしても、本や専門誌などを通して幅広く勉強している痕跡は随所に見受けられるもので、「知れば知るほどおもしろくなるからな。医者を選んで正解だったわ。飽きることがない」という言葉を引き出せたのは収穫だった。私も同じ年齢になった頃に同じようなことを自分の選んだ職業に対して言えるかどうか。「医者は患者を断れんからな」と言うだけあって、準備ができれば開院時間の前でも後でも診療しているらしく、80歳を機に引退という話も聞いていたのだが、「わしが元気で(患者さんが)来てくれるうちはやるわ」とのことで、だがしかし、確実に失われつつある昭和の遺物の光景。

 ふと気づくと、自分も「伯父」という存在になっていて、小学5年生の姪(義弟の第三子)が女子空手の県代表(流派別の全国大会)に選ばれて上京し、我が家に一人で数日滞在することに。私の社会性のなさゆえに、一度、気まぐれに『藤子・F・不二雄大全集』や『うる星やつら』などのマンガを大量に送りつけたことがあったものの(大迷惑)、接点をもたないままここまできてしまっていて、今回で会うのが2回目。「伯父」のロール・モデルが極端なものしかないのでどうふるまっていいかわからず、小学生に気をつかわせてしまっているのがわかるので申し訳ない。
 かくして因果はめぐる。江戸東京博物館「大妖怪展」、「GeGeGe水木しげるの大妖界」、水族館、ムーミン・カフェ、スヌーピー・ミュージアム、ジブリ大博覧会、プール・・・と相手の体力も考えず、わずか2日半に「過剰に」スケジュールを詰め込んでしまったようで、相当の移動距離と深夜帰宅を強いてしまい、最後は文字通りフラフラに。
 こちらの関心に一方的につきあわせるのだが、2件だけ本人の希望を組み入れたのが、よみうりランド(遊園地)とE-girlsのミニライブ(お台場)。最近の子ども向けテーマパークは職業体験型アトラクションが特色になっているようで、よみうりランドの「グッジョバ」(Good Job Attraction)ワークショップはスポンサー企業に関連した「自動車・食品・ファッション・文具」の業種紹介になっていておもしろい。他の人と同じようにこなせる自信は私にはないものの、こんなワークショップが自分の子どもの頃にもあったらよかったな。








ムーミンの日(2016 年8月9日)

ドラマ「百合子さんの絵本――陸軍武官・小野寺夫婦の戦争」

8月9日はムーミンの日(8月10日はスヌーピーの誕生日)。

といってもまだ歴史は浅く、ムーミン刊行60周年を機に2005年に設定されたもので、ムーミンを読む読書会や撮影会などのイベント「ムーミンの日の集い」が展開されている。フィンランド以外でははじめて(世界で二番目)となるムーミンパーク「メッツァ」も、「日本の秘境/自然の宝庫」(登山マンガ『ヤマノススメ』の舞台)埼玉県飯能市宮沢湖畔で建設中であり、2017年オープン予定。

 NHKドラマ「百合子さんの絵本――陸軍武官・小野寺夫婦の戦争」(2016年7月30日放映、薬師丸ひろ子、香川照之主演)は、『ムーミンシリーズ』をはじめとする児童文学、スウェーデン語文学の翻訳者として知られる小野寺百合子(1906-98)の数奇な生涯に焦点を当てている。戦時中は陸軍武官の夫を手助けし、和平工作への諜報活動に従事していた。彼女が翻訳をはじめたのは60歳を過ぎてからのことであり、児童文学だけでなく、女性解放運動家/社会思想家エレン・ケイの翻訳や、戦後スウェーデンの社会福祉制度などスウェーデン事情の紹介、自身の体験を踏まえた平和活動、異文化交流などその活動は多岐にわたるものであった。エッセイ集『バルト海のほとりの人びと――心の交流をもとめて』(1998)は度重なる復刊を経て、現在、新装版刊行中。ドラマは時間の制約もあり、戦時中に力点を置いてまとめられており、もちろん重要な一側面であるのだが、20世紀をほぼ包括する激動の時代を生きたその生涯は波乱に満ちており、もっとゆっくりじっくり描いたドラマを見てみたい(とはいえ、「百合子さんの絵本」も様々な年代を演じていたので役者としては難しい役どころ)。

 トーベ・ヤンソン(1914年8月9日-2001)による原作の『ムーミン』(1945-70)も第二次世界大戦中に執筆されていたことから戦争の影が色濃く反映されている面もあり、原作者の生誕100周年を迎えた2014年を契機に伝記研究をはじめ様々に資料も充実してきていて、今がまさに研究の旬。
 海外(主に米国)の研究者と雑談していて「え?『ムーミン』って日本の物語じゃなかったの?」という反応が複数あるぐらい、日本のムーミン人気と日本アニメの国際受容には大きな影響力があり、にもかかわらず、69年・72年版(「カルピスまんが劇場」、後の「世界名作劇場」)は原作のイメージを損なうという本国の著作権管理者による異議申し立てによりDVD化がなされていないのが残念。確かに原作のイメ―ジを変容させてしまうだけの強い影響力があり、原作の世界観を守るためにはもちろん重要なことであるが、それはそれでもはや独自の文化になってしまっていたわけで、私にとってムーミンの声はやっぱり岸田今日子さん。
 『ムーミン』(1969)は、「カルピスまんが劇場」の最初期作品であるのだが、制作スタッフは日本向けにかわいらしいキャラクター(作画監督は何と言っても大塚康生)、親しみやすい世界観を作り上げることができ、原作者にも気にいってもらえるにちがいないと期待していたら、実際には「日本以外の放映を認めない」という常に否定的な反応であったようで、その後、「世界名作劇場」への移行にあたり著作権の切れた古典文学を素材にするようになっていったことにも影響を及ぼしているようにも思う。

 若い世代、現役の子ども世代にとって『ムーミン』はどのようなイメージを持たれているのだろう? 著作権管理者公認のTVアニメ『楽しいムーミン一家』(1990)は、「楽しい」の言葉がアイロニカルとしか思えないシュールな世界観で、まさにその点こそが原作ならではなのだが、「怖い」印象になるのでは?(私は放映当時高校生だったが、「こんな終わり方で視聴者を放り出していいのか?」と毎回話題に)。キャラクター・グッズもアート志向を強く打ち出している傾向にある。そうかと思うと現在、マクドナルドでは、ムーミンプレートに新作絵本がつく「ハッピーセット」キャンペーンを展開中。あくまでお母さん向けのキャンペーンではあるのかもしれないが。
 トーベ・ヤンソンには、ムーミンシリーズ以外にも、『少女ソフィアの夏』(1972)、『誠実な詐欺師』(1982)など哲学的で深い味わいの人間模様を描いた小説もある。少女時代を中心にした自伝『彫刻家の娘』(1968)、小さな離れ小島で自然とともに過ごした日常と(虚構を混じえた)記録『島暮らしの記録』(1993)などのノン・フィクションも個性的で独自の世界観が貫かれており、さらに、映像記録集(プライベート・フィルム)『トーベとトゥーティの欧州旅行』(1993)、『ハル、孤独の島』(1998)なども現在DVDで発売中。
 というわけで、ようやく少しずつ夏休みに入りつつあるので、トーベ・ヤンソンと小野寺百合子についていろいろ読んでみようと思うのでした。
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。