借りてきた猫のように

――フィクションの中で生きる~映画・小説・音楽・マンガなどの日常――

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年4月21日


 ロンドンのサーチ・ギャラリーにて「ローリング・ストーンズ展覧会」が開催中。そもそもバンドの展覧会がどのようにして可能なのか。バンドのあり方によっても異なるものになるであろうが、マルチメディアを早い時期から積極的に導入してきたストーンズならではのポップカルチャー/メディア文化史を展望する趣を持つものになっている。
 混沌の60年代をくぐり抜けてきただけあって解散・活動休止の危機を何度も乗り越えながら現在、オリジナルメンバーはすでに全員が70歳を超え、現役50年を超えた今もまさにラテンアメリカツアーを展開中。とりわけキューバの首都ハバナでの初公演(3月25日)はアメリカとの国交回復を記念する歴史的イベントとなった。
 解散の危機の中でももっとも深刻な時期に発表された、映像作家ジュリアン・テンプル(1952- )監督による『ビデオ・リワインド1971-84』(1984)では、ビル・ワイマン(ベース)が語り手(視点人物)となり、すでに博物館に冷凍され「収蔵」されているミック・ジャガーを解凍し、起こすところからはじまる物語仕立てのユニークな映像集。過去のプロモーションビデオや記録映像などを織り交ぜながら2人で自分たちの足跡をふり返るという設定で、「まだストーンズなんかやってるのか」という若手ミュージシャンや批評家からの揶揄を逆手にとったユーモアが小気味よい。
 当時は博物館に入れられること自体が大いなる冗談であったわけだが、さらにそれから30余年。現役であり続けながら博物館に入れられる対象にもなりうるという稀有な存在感がますます際立っている。ファンであれば、ラテンアメリカツアーとロンドンでの展覧会のどちらに行こうか迷うところであろう。「両方行く」という選択が最善であるとしても世界は広く、ラテンアメリカとロンドンは日本からは真反対。ついでに寄れる距離でもない。もはや本人たちの意思を超えていつ終了になってもおかしくない段階にさしかかっており、可能な限りライブに行っておきたいところだが、展覧会も充実した内容になっている。

 展示は9つのカテゴリーに分類されていて、結成当時の資料(キースの日記や契約書類など)やエディス・グローブでの共同生活時代の部屋の再現など地元ロンドンならではの「ここから伝説がはじまった」演出が凝らされている。「レコーディング」のカテゴリーではスタジオを再現した展示やメンバーの楽器の展示に加え、それぞれのプレイヤーの音声を調整できるミキシングの体験型展示などもおもしろい。ミック・ジャガーによる歌詞を書き綴ったノートも貴重な資料。
 さらに、ロゴマークやアルバム・ジャケット、アート・ワークやポスター、ステージ衣装などはストーンズならではの展示といえるものだろう。『メインストリートのならず者』(72)のアルバム・ジャケットに起用されている写真家ロバート・フランクやアンディ・ウォーホールら音楽の枠を超えた多彩な文化交流の有り様があらためて浮かび上がってくる。楽屋風景の再現展示でのメンバーが談笑している映像も微笑ましい。
 「ミュージック・クリップ」の展示カテゴリーにてその変遷を一望できるのも嬉しい。ミュージック・クリップの歴史自体、1966年に遡るとする説があるが、ピーター・ホワイトヘッド(1937- )監督による「ルビー・チューズデー」(66)、マイケル・リンゼー=ホッグ(1940- 、ビートルズでも有名)による「シーズ・ア・レインボウ」(66)、「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」(67)をはじめ、ストーンズはまさにその最初期から映像とのコラボレーションに積極的に取り組んでいたわけで、ライブ映画の金字塔となった1981年のアメリカン・ツアーの記録、ハル・アシュビー『レッツ・スぺンド・ザ・ナイト・トゥゲザー』(83)、ミュージック・クリップ史上評価の高い「ラブ・イズ・ストロング」(94)のデヴィッド・フィンチャー(映画『ベンジャミン・バトン――数奇な人生』[2008])、新感覚の映像作家ミシェル・ゴンドリー(「ライク・ア・ローリング・ストーン」95)など常に新進の映像作家を起用し続けてきた。
 もっとも仲が悪い時期のミックとキースであっても、ギターで殴りかかるんじゃないかと思われるほどの緊迫感が映像にそのまま込められた「ワン・ヒット(トゥ・ザ・ボディ)」(86)があり、ミック・ジャガー以外演技にさほど興味がなさそうな面々なのにまんざらでもない感じで皆つき合ってるのが不思議。
 中でも私にとってはジュリアン・テンプル監督によるアルバム『アンダー・カヴァー』(83)期のプロモーションビデオは強烈な印象をもたらすもので、「アンダーカヴァー・オブ・ザ・ナイト」ではキースがテロリスト役に扮し、一人3役をこなすミック・ジャガーと銃撃戦を展開するショートフィルムさながらの圧巻な内容。「トゥー・マッチ・ブラッド」は「血が多すぎる」という曲名そのままに恐怖の幻想にとらわれていく登場人物たちの物語/心理描写と演奏場面とが交錯するもので、MTV時代の中でもミュージック・クリップの実験場の最先端をひた走っていた。 

 ミック・ジャガーのソロ・プロジェクト『ランニング・アウト・オブ・ラック』(84)はミックのソロ・アルバム『シーズ・ザ・ボス』(85)をモチーフにした映画で、ミックおよびジェリー・ホール夫人(当時は事実婚)も本人役で登場している(しかもミックの浮気に愛想を尽かす設定)。誤って南米に送られてしまったミック・ジャガーが必死に自分がロック・スターであることを示そうとするも誰からも相手にされない展開など、「ロック・スター」ミック・ジャガーに対するメタ批評にもなっていてなかなかの傑作。
 またステージの設営デザインに趣向を凝らしてきたのもストーンズならではで、とりわけ1989年のスティール・ホイールズ・ツアー以降、ライブ・ツアーの規模が拡大していくのに比例して巨大なステージ・デザインもライブの重要な見どころになっていった。ステージセットにお金と労力をかけすぎという批判もありながらも、ステージ・デザインにせよ、ミュージック・クリップにせよ、根幹に音楽があるからこそ50年にわたって現役であり続けることができているわけで、ツアーの際にできるだけ新曲を発表しようとする精神は今でも貫かれている。

 ここ数年は旧譜のアーカイブ化、ブートレグ盤として出回っていたライブ音源の公式リマスター化などの活動もきわめて活発になされており、待望のオリジナル・アルバムも進行中であると聞く。キース・リチャーズのソロ・アルバム(2015)やミックのソロ・プロジェクト「スーパー・へヴィ」(2011)も好評を得てきているだけにがぜん期待は高まる。
 展覧会内の撮影は残念ながら禁じられているが、272頁ある図録(カタログ)は充実していて素晴らしい(ハードカバーとペーパー版があるが、ペーパー版でも相当重い)。会期は9月4日まで。2日分入館可能でゆったり展示を楽しむことができるVIPチケットもお勧め。







スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。