借りてきた猫のように

――フィクションの中で生きる~映画・小説・音楽・マンガなどの日常――

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十四歳じゃなく十五歳(2016年6月30日)


 白河三兎『十五歳の課外授業』(集英社文庫、2016)はすでにミステリ、青春小説の分野で定評ある作家による文庫オリジナル新作。2009年に第42回メフィスト賞受賞作『プールの底に眠る』でデビュー後、ミステリ、青春小説の領域で実績を着実に積みあげてきている。一切の履歴を公表していないので年齢も性別も定かではないのだが、ひょっとしたら結構年長なのかもしれない。 
 出世作『私を知らないで』(2012)は、転勤族の親の影響で転校してばかりのために深い人間関係を作るのを経験的に避けようとする醒めた男子高校生を主人公に、ミステリアスな女の子「キヨコ」をめぐる物語。
 ほか、『ふたえ』(2015)は高校2年の修学旅行を舞台に、班決めであぶれてしまう「(ひとり)ぼっち」たちのそれぞれの視点による短編連作であり、教室にいる誰でも物語の主人公になりうることを示した、現代日本版『ブレックファスト・クラブ』(1985)のような作品。確かに群れずに「ぼっち」を貫くには「強さ」が求められるかもしれず、ぼっちたちはそれぞれ信念や自分の世界が確立されていて個性的な面々。
 『田嶋春にはなりたくない』(2016)は、まったく融通が利かず、空気を読めない天然さで周囲を困惑させる検事志望の法学部女子学生・田嶋春を軸に、彼女にふりまわされる周囲の大学生たちを通して人間関係をコミカルに描く短編連作。空気を読めない田嶋春のことを周囲は皆、疎ましく思うのだが、自分の価値観がしっかりしている彼女に周囲がふりまわされつつも感化されていく展開が意外なドラマを作っている。
 
 最新作『十五歳の課外授業』は、レギュラーでもないのにバスケ部の部長を任されるなど、育ちの良さもあいまって何でもソツなくこなす中学三年生・卓郎が主人公の物語。地元に根づいている歯科医院の息子で、早くから将来、その後継ぎになることを見込まれており、地元の人脈を築いておいた方がいいという判断により公立中学に通っている。近年、歯科の供給過剰が問題視されているが、仕事熱心な父親が地元で培ってきた信頼実績もあり、後を継ぐ分には将来も安泰であろう。父親の影響から主人公が歯に対するフェティシズムを持つという設定も絶妙で、物語の中で重要な役割をはたしている。
 彼は学校一人気者の女子、ユーカという彼女に惚れこまれていて、ユーカは男女を問わず人望があり、教師であっても彼女の発言力を無視できないほどの存在感がある。大の小説好きで将来は出版社に就職して編集者になりたいという彼女は恋愛に対しても積極的な「肉食系女子」で、恋愛の経験値も高く、気分屋の彼女のわがままにいつもふりまわされ、卓郎はへとへとになりながらも、「学校一人気者を彼女にしている」という魅力に抗えず、彼女のことを本当に好きなのだろうかもよくわからないまま関係を続けている。その一方で「キスや性的なスキンシップをする度に、胸がむかむかして吐き気を催す」一面があって、現実に悩んでいる人もいるかもしれないので笑ってしまうのもよくないのだが、肉食系女子との対照がおもしろい。
 卓郎が学校で一目置かれている理由に、すでに卒業して高校生になっている3歳上の姉・絢奈が「スパッツ番長」の異名をとり、本人の卒業後も恐れられているという背景がある。7歳の時にはじめた相撲が全国有数の強さで、中学在学中もスカートの下にショートスパッツを履いていて男子だろうと教師だろうと気にいらない相手がいると相撲での勝負を挑み、ぶん投げるというキャラも絶妙におかしい。いかにも図式的に設定されたキャラっぽく見えながら、それぞれの人物の奥行きが伝わってくるのも白河三兎作品の魅力。
 物語は教育実習生として大学生の辻薫子が学校にやってくるところから展開される。ほどなくして卓郎はかつて自分の家に定期的に遊びに来ていた「かおるお姉ちゃん」であることを認識する。地元の公立学校であれば、教育実習生も同じ地元出身であることが多いわけで、ややこしい人間関係が背後にあることも実際にあるだろう。

 キャラクター設定やあらすじではなかなかその魅力が伝わらないのだが、ふだん物語に深く親しんでいる読み手までもが予測できない、強引ながらも説得力のあるストーリー展開が白河作品の最大の醍醐味で、『十五歳の課外授業』もまさかと思う展開にページをついめくらされてしまう。ミステリを主戦場としてきただけに「意外な展開」と「巧みな構成」が共存しているのも見事。人間関係に意識的に距離をとる主人公たちの、傷つきたくないために関わりを避けようとする姿勢や疎外感などは十代を描く普遍的なテーマでもあると同時に、近年、顕著に見られる傾向でもあり、現代の若者群像としても興味深い視座をもたらしている。
 教師や親は主人公たちが抱える問題を解決する上でまったく機能していないことが多く、その一方で高校生の姉・絢奈や大学生の辻薫子がいかに「大人」であることか。保育士の理想と現実の挫折してしまった薫子の親友など、不況の時代、経済格差の中での大学生や若者を取り巻く問題にも焦点が当てられていて、今の時代に若い世代が夢を持つことの難しさについても考えさせられる。
 そして、そうであったとしても主人公が15歳という年齢であることは大きく、これからどのようにも変わることができるという点で、実は結構いたたまれない境遇に置かれる展開になるにもかかわらず、読後感が悪いものにならないのは青春小説の特権だろう。

 本当に相手のことが好きなのかどうかわからないまま関係を続けていたり、一つ一つのことについてそれなりに真剣でありながらつじつまの合わない細かい嘘や欺瞞をくりかえしていって時に自己嫌悪に陥ったり、時に開き直ったり、でも中学生の頃なんて自分のことで精いっぱいですべての言動に整合性なんてもてないし、自分の感情であっても言語化できるわけでもない。そうやって大人になっていく中学生男子の成長過程が巧く描けていて、なかなかの傑作。小説を読みなれてないはずの主人公が突然、流暢に読書論について語る箇所など違和感がないでもないが、ストーリーに勢いがあるのでそれも含めて読ませてしまう力技はさすが。
 青春小説というジャンルは本来そういうものであるのだが、よくあるベタな設定、テーマを用いながら想定をはるかに超えた展開で読者を魅了させてくれる。しかしこれもまた、「意外な展開」という陳腐な惹句では表現しきれないのがもどかしい。
















スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。