借りてきた猫のように

――フィクションの中で生きる~映画・小説・音楽・マンガなどの日常――

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムーミンの日(2016 年8月9日)

ドラマ「百合子さんの絵本――陸軍武官・小野寺夫婦の戦争」

8月9日はムーミンの日(8月10日はスヌーピーの誕生日)。

といってもまだ歴史は浅く、ムーミン刊行60周年を機に2005年に設定されたもので、ムーミンを読む読書会や撮影会などのイベント「ムーミンの日の集い」が展開されている。フィンランド以外でははじめて(世界で二番目)となるムーミンパーク「メッツァ」も、「日本の秘境/自然の宝庫」(登山マンガ『ヤマノススメ』の舞台)埼玉県飯能市宮沢湖畔で建設中であり、2017年オープン予定。

 NHKドラマ「百合子さんの絵本――陸軍武官・小野寺夫婦の戦争」(2016年7月30日放映、薬師丸ひろ子、香川照之主演)は、『ムーミンシリーズ』をはじめとする児童文学、スウェーデン語文学の翻訳者として知られる小野寺百合子(1906-98)の数奇な生涯に焦点を当てている。戦時中は陸軍武官の夫を手助けし、和平工作への諜報活動に従事していた。彼女が翻訳をはじめたのは60歳を過ぎてからのことであり、児童文学だけでなく、女性解放運動家/社会思想家エレン・ケイの翻訳や、戦後スウェーデンの社会福祉制度などスウェーデン事情の紹介、自身の体験を踏まえた平和活動、異文化交流などその活動は多岐にわたるものであった。エッセイ集『バルト海のほとりの人びと――心の交流をもとめて』(1998)は度重なる復刊を経て、現在、新装版刊行中。ドラマは時間の制約もあり、戦時中に力点を置いてまとめられており、もちろん重要な一側面であるのだが、20世紀をほぼ包括する激動の時代を生きたその生涯は波乱に満ちており、もっとゆっくりじっくり描いたドラマを見てみたい(とはいえ、「百合子さんの絵本」も様々な年代を演じていたので役者としては難しい役どころ)。

 トーベ・ヤンソン(1914年8月9日-2001)による原作の『ムーミン』(1945-70)も第二次世界大戦中に執筆されていたことから戦争の影が色濃く反映されている面もあり、原作者の生誕100周年を迎えた2014年を契機に伝記研究をはじめ様々に資料も充実してきていて、今がまさに研究の旬。
 海外(主に米国)の研究者と雑談していて「え?『ムーミン』って日本の物語じゃなかったの?」という反応が複数あるぐらい、日本のムーミン人気と日本アニメの国際受容には大きな影響力があり、にもかかわらず、69年・72年版(「カルピスまんが劇場」、後の「世界名作劇場」)は原作のイメージを損なうという本国の著作権管理者による異議申し立てによりDVD化がなされていないのが残念。確かに原作のイメ―ジを変容させてしまうだけの強い影響力があり、原作の世界観を守るためにはもちろん重要なことであるが、それはそれでもはや独自の文化になってしまっていたわけで、私にとってムーミンの声はやっぱり岸田今日子さん。
 『ムーミン』(1969)は、「カルピスまんが劇場」の最初期作品であるのだが、制作スタッフは日本向けにかわいらしいキャラクター(作画監督は何と言っても大塚康生)、親しみやすい世界観を作り上げることができ、原作者にも気にいってもらえるにちがいないと期待していたら、実際には「日本以外の放映を認めない」という常に否定的な反応であったようで、その後、「世界名作劇場」への移行にあたり著作権の切れた古典文学を素材にするようになっていったことにも影響を及ぼしているようにも思う。

 若い世代、現役の子ども世代にとって『ムーミン』はどのようなイメージを持たれているのだろう? 著作権管理者公認のTVアニメ『楽しいムーミン一家』(1990)は、「楽しい」の言葉がアイロニカルとしか思えないシュールな世界観で、まさにその点こそが原作ならではなのだが、「怖い」印象になるのでは?(私は放映当時高校生だったが、「こんな終わり方で視聴者を放り出していいのか?」と毎回話題に)。キャラクター・グッズもアート志向を強く打ち出している傾向にある。そうかと思うと現在、マクドナルドでは、ムーミンプレートに新作絵本がつく「ハッピーセット」キャンペーンを展開中。あくまでお母さん向けのキャンペーンではあるのかもしれないが。
 トーベ・ヤンソンには、ムーミンシリーズ以外にも、『少女ソフィアの夏』(1972)、『誠実な詐欺師』(1982)など哲学的で深い味わいの人間模様を描いた小説もある。少女時代を中心にした自伝『彫刻家の娘』(1968)、小さな離れ小島で自然とともに過ごした日常と(虚構を混じえた)記録『島暮らしの記録』(1993)などのノン・フィクションも個性的で独自の世界観が貫かれており、さらに、映像記録集(プライベート・フィルム)『トーベとトゥーティの欧州旅行』(1993)、『ハル、孤独の島』(1998)なども現在DVDで発売中。
 というわけで、ようやく少しずつ夏休みに入りつつあるので、トーベ・ヤンソンと小野寺百合子についていろいろ読んでみようと思うのでした。
















スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。