借りてきた猫のように

――フィクションの中で生きる~映画・小説・音楽・マンガなどの日常――

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非国民的ヒーロー!(2016年11月30日)


 11月18日のZepp Tokyoをもって大森靖子の全国ツアー「Tokyo Black Hole Tour」終幕。10月1日の秋田公演を皮切りに計12会場。秋田・長崎・大分・広島の小会場による「弾語り」とその他8会場の「バンド編成」とに大別される。ツアーの題名に掲げられているアルバム『Tokyo Black Hole』のリリースが2016年3月なので約半年遅れてのツアーとなったが、その分、新曲のアレンジおよび新しいバンド(「新●z」)との連携も時間をかけて熟成されていった様子が伝わるもので、さらに、会場毎にセットリスト・趣向が凝らされているのも魅力。私はもっぱら土日を利用してのみで平日には出向くことができず、地元・松山公演ではカラオケ店を借り切っての本人を交えた「打ち上げ会」もあったそうで参加できず残念。
 一番大きな会場となるZepp Tokyo(収容人数2700人)のチケット売り上げがなかなか伸びなかったらしく、「満員のZEPPのお客さんに『今日ぼっちで会場に来た人?』と尋ねると、ほぼ全員が手をあげるという異常事態。どおりで動員、券売が大変だと思ってた! ライブは友達を誘うという概念をぶち壊した、まさかのぼっちがマジョリティという客席。 そんなとても強くて寂しいジョーカー達の合唱」(「大森靖子Twitter」)というファン層のあり方もおもしろい。
 でも、音楽にせよ、映画にせよ、小説にせよ、一人でとことん向き合うことができる対象が見つかるのであればそれはそれで幸せなことであると思う。

 アルバムのリリースからは時間が経ってしまっているものの、「ワンダーロマンス三連福」と題された3枚連続シングル・リリース期間中で、ツアーの進行と共に新曲がセットリストに加わっていくのも楽しみ。1枚目「ピンクメトセラ」は、WEBアニメ『逃猫ジュレ』の主題曲に、「ゆるめるモ!」の「あのちゃん」をゲストボーカルに迎えた曲「勹″ッと<るSUMMER」、80年代のヒット曲、Sugarの「ウェディング・ベル」(1981)カバーをカップリング。
 2枚目「POSITIVE STRESS」は所属レーベル・エイベックスの先達、小室哲哉(作曲)との共作による表題曲に、神聖かまってちゃんの「の子」(作曲)との共作曲「非国民的ヒーロー」を収録。3枚目の「オリオン座」は、ライブツアー中、手書きの歌詞カードが配られ、ハイライトとなった表題曲に、さらにアイドル(?)ユニット「生ハムと焼うどん」とのコラボ曲「YABATAN伝説」を含む。
 7月にライブで共演した神聖かまってちゃん、9月に共演した生ハムと焼うどんとの新しいコラボ曲が早くも実を結んでいる、そのフットワークの軽さもすごい。「共演」ライブといっても基本はいわゆるツーマンライブで、それぞれのライブ・パートに一部、共演がある程度なので、そこから新しい表現活動がもたらされることは実はそれほど多いことではない。

 中でも「非国民的ヒーロー」は、神聖かまってちゃんのの子が大森靖子をイメージして作曲し、「非国民的アイドル」という仮題の曲として提示したら、「非国民的ヒーロー」という名前が付された大森の作詞曲が上書きされて返ってきたという。それぞれがそれぞれのイメージを投影して作った文字通りの共作曲になっている。
 「激情派」と称されていたように、かつては歌詞の世界で描かれる語り手と同一視されてしまいがちであったが、アルバム『TOKYO BLACK HOLE』では東京に生きる若い世代の様々な人生模様が描かれている点に特色があり、中でも「僕」の一人称で語られる思春期の男の子目線による詞(「給食当番制反対」「少女漫画少年漫画」)は新しい傾向を示していた。「非国民的ヒーロー」もまた「まだ何者でもない『僕』」の一人称で、「君」にとってのヒーローになりたいのだけれど、はたして自分に何ができるだろうかという不安も抱えている少年の不安定な心境をうまく描いている。傷ついたり傷つけあったりしながらもたくましくタフに世を渡っている女の子の群像とも異なり、大森靖子の「僕」はいつも繊細だ。

「だけどね 君が努力しちゃったら 二度とね 僕じゃ届かなくなっちゃいそうだし」

「君」も「僕」もお互いにまだこれから「何者にでもなれる」段階にあって、同じように成長していけたら理想だけれども、何かのきっかけで突然どちらかが(たいていは女の子の方が)急速に大人になってしまうこともある。
 さらに、大森の専属映像作家である二宮ユーキによるMV(ミュージック・ビデオ)(https://www.youtube.com/watch?v=z4vqZV62f3E)は、お互いの自宅にて撮影が行われており、の子の地元である郊外の千葉ニュータウンを舞台に躍動感・疾走感に満ちていて傑作。

 全国ツアーに先行する「9月18日の生誕祭ライブ(大コピバン祭)」では、すべてのヴォーカルを大森靖子が担当する複数のバンドが登場し、東京事変、相対性理論、ハロープロジェクトほか、宇多田ヒカル、BUMP OF CHICKENなどのカバー曲をひたすら演奏するライブを展開しており、すでに毎年の恒例行事となっている。90年代のJ Pop全盛期に育った世代ならではのJ Pop文化史との接続を実感させてくれると同時に、ヴォーカルに集中することで、パフォーマーとしての力量が浮き彫りになる貴重な機会。何より音楽を楽しんでいる様子が溢れるほど伝わってくるのが素晴らしい。
 その他にも、「続・実験室」というイベントが新宿ロフトプラスワンで毎月定例で行われており、「(時にゲストを交えた)トーク」・「弾語り」・「チェキ会(握手・撮影会)」の3部構成。フェスなどでの「アウェイ」に強いのが強みだったが、「実験室」や全国ツアーを通じて「ホーム」の場も着実に根づいてきている。
 ツアー終了後も(どころかツアー中も)、常にどこかで様々なフェスやライブイベントに客演しており、さすがにどうかしてるぐらいワーカホリックなのだが、「ツアー終わった瞬間アイデアとやる気がボウワァァァっとわいた」(「オフィシャルブログ」11月23日付)状態であるそうで、ニュー・アルバムの制作が早くも進んでいるとのこと。呼吸をするようにすべての言動が表現活動に繋がっていて頼もしいことこのうえない。










スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。