FC2ブログ

借りてきた猫のように

――フィクションの中で生きる~映画・小説・音楽・マンガなどの日常――

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神鹿も黙る逢魔が刻コンサートwith虫の声(2016年9月28日)



「世界遺産劇場春日大社第六十次式年造替奉祝」というやや大仰なタイトルによる薬師丸ひろ子コンサートが春日大社(奈良)飛火野特設舞台にて9月25日(日)に開催。
 背景をあまりよく理解していなかったのだが、「第六十次式年造替奉祝」とは神殿や御神宝などを造り替える修繕儀式であり、約20年ごとの大事業が現在行われている最中であるとのこと。
 春日大社を舞台にした野外コンサートというのも現地に赴くまでイメージが沸きにくいものであったのだが、会場となる「飛火野」は古くは春日野とも呼ばれた古代祭祀の地であり、「万葉の昔には貴族たちが打球を興じていた」、「平安時代にも王朝人の憧れの名所で、特に若菜摘み、花見など春の遊びの名所として知られる」そうで歴史のスケールの大きさも桁外れ。野原の至るところでシカ(神の使いとして崇められてきた「神鹿」)が草を食んでおり、まさに比類なく特別なコンサートとなった。

 17時開演でアンコールを含めて全19曲、2時間程度の間に黄昏を迎えることから、時間の経過とともに光景が変わっていくのも醍醐味で幻想的かつ神秘的な雰囲気を楽しむことができた。今月(9月)は台風を含め雨が多く、雨の場合であっても順延予定がない事情から開催自体が危ぶまれていたのだが、当日は幸い晴天に恵まれた。実は当日も夕方にかけて雨の予報が出ていたようで、雨合羽が配られたものの使う必要がないまま無事終えることができた。これもまたあたかも古代祭祀の地での世界遺産劇場ならではの演出であるかのよう。
 コンサート直前にニュー・アルバム『Cinema Songs』のリリース情報が発表され(11月23日発売)、先行して「戦士の休息」のダウンロード配信がすでに開始されている。今年2016年は角川映画40周年として往年の角川映画のリバイバル上映「角川映画祭」が行われており、薬師丸にとっては歌手デビュー35周年にも相当する。このたびのコンサートでも新作からアンコール曲も含めて3曲披露され、「戦士の休息」は映画デビュー作『野性の証明』(1978)の主題曲。東北の寒村で起こった大量殺人事件を描いた物語であり、唯一生き残った少女役を当時、中学1年生だった薬師丸が、彼女を引き取り父親代わりとして育てることになる自衛隊員を高倉健が演じている。東北を舞台にしていたはずなのに後半突然、なぜか壮大なアメリカ(カリフォルニアの陸軍訓練施設)ロケに接続されていくのだが、戦車、ヘリコプターなどを駆使した壮大なスケールの銃撃戦といい、今観てもその勢いにあらためて圧倒される。

 町田義人が歌う主題曲「戦士の休息」は、「男は誰もみな無口な戦士 笑って死ねる人生 それさえあればいい」という武骨な歌詞(作詞:山川啓介[矢沢永吉「時間よとまれ」など])に、作曲は『ルパン三世』の楽曲で知られる大野雄二。普通で考えたら女性シンガーがカバーする曲ではまったくないのだが、2014年に亡くなった高倉健に対する追悼の念も込められているのだろう。『戦国自衛隊』(1979)の主題曲「戦国自衛隊のテーマ」(松村とおる)なども思い返せば印象深い曲で角川映画には名曲が多かった。『Cinema Songs』には角川映画第一回作品となった『犬神家の一族』(1976)の主題曲「愛のバラード」(大野雄二作曲/サウンドトラック盤は歌詞が無い)も収録されており、このたびのコンサートでも披露された。
 『Cinema Songs』は往年の映画音楽を素材にしたカバー・アルバムとなっており、薬師丸自身の選曲による。角川映画40周年および角川映画でのデビューを記念する楽曲以外では、ヴェトナム帰還兵を描いた物語『ディア・ハンター』(1978)の主題曲はやはり変わり種で、高倉健のお気にいりの映画であったという背景による。ほか、『ティファニーで朝食を』(1961)の「ムーン・リバー」、スピルバーグの『オールウェイズ』(1989)に依拠してジャズのスタンダード・ナンバー「Smoke Gets in Your Eyes」(煙が目にしみる)、『二人でお茶を』(1950)、『追憶』(1973)、マイケル・ジャクソンの「ベンのテーマ」(1972)、ミュージカル『アニー』(1977)から「トゥモロー」など、一見バラバラなラインナップが逆に意外性に富んでいて楽しい。自身の出演作『ナースコール』(1993)から玉置浩二による主題曲「コール」が選ばれているのも話題に。
 少し前に「私を構成する9枚のアルバム」としてSNS上でアルバムジャケットを並べる試みが流行っていたが、まさにこのアルバム自体がそのような試みの究極形と言える。予約発売のために発表されている「作品解説」を読むだけでも、それぞれの映画および音楽に対する思い入れが様々に浮かび上がってくるのがおもしろいし、再解釈されたそれぞれの曲がアルバムの中で新しい流れの中に配置されることで生まれ変わっていくのを見るのも楽しみ。

 このたびのコンサートは「時代」(中島みゆきのカバー曲として1988年にリリース)を皮切りにヒット曲を中心に構成され、途中でニュー・アルバム『Cinema Songs』のリリースを紹介するパート、ここ数年のコンサートでとりあげられている「故郷」などの童謡パートが織り交ぜられていく。アンコール最後の曲は『Cinema Songs』で収録が予定されている「ムーン・リバー」で終了。シングル発表曲以外でもっと聴きたい曲もあったのだが、映画デビュー作『野性の証明』(1978)からキャリア全体を概観できる構成になっており存分に堪能できる内容であった。中でもアップテンポの松本隆・大瀧詠一による楽曲「すこしだけやさしく」(1983)を聴けたのは収穫。良い意味で浮世離れした浮遊感がひときわ心地よく感じられた。
 リハーサルの準備も入念になされてきたにちがいなく、このコンサートだけで終わってしまうのはもったいないと思っていたら、Billboard Live Tokyoにてアコースティック編成による公演(11月24・25日の2日間、各2部構成)予定が発表された。またまったく異なる味わいのステージを期待することができそうだ。







スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。