借りてきた猫のように

――フィクションの中で生きる~映画・小説・音楽・マンガなどの日常――

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北の国まで聖地巡礼(2016年9月13日)



「『北の国から』資料館」が8月末で閉館ということでぎりぎりの最終日にはじめて訪問することができました。「北海道新幹線ニノッテミタイ」という母親の言葉を受けて、飛行機で旭川空港に入り、富良野、小樽、札幌、函館を経て新幹線で帰ってくるという旅程。

 TVドラマ『北の国から』(1981-2002)は言わずと知れた人気シリーズであり、主要人物である純と蛍は設定上、私よりそれぞれ3学年と1学年上となるほぼ同世代ということになるのだが、この物語は個人的にどうも苦手で避けてきたというのが実感。現在、日本映画専門チャンネルにて「倉本聰劇場」「山田太一劇場」「サザエさん劇場(江利チエミ版)」など、テレビドラマおよび古典映画の代表作にまとめて触れることができるのがありがたく、自伝(『倉本聰――ドラマ人生』[2013])やシナリオ集なども併せて読む機会を得た。
 とりわけ本編(連続ドラマ24話、1981-82)は子ども向けとはまったく無縁の内容であり、親や大人の事情に翻弄される子どもの立場からすれば、自分たちの意思にかかわらず突然、都会の生活から切り離され、厳冬の地で自給自足の生活を強いられる展開は悪夢以外の何ものでもなく(もともと生まれ育っている場合とはまったく違う)、人間関係や共同体のあり方も窮屈で居心地が悪そうに思えてならなかった。その後のシリーズ化にしても、思春期のぎこちなさ、親の世代との軋轢、親をうとましく思う感情などは同世代としては目を背けたい側面であり、親近感を抱くなどという余裕はなかった。

 ドラマ制作の過程で生じた過去のトラブルにより、原作者は1974年に東京を離れ、北海道に移住しており、その後、77年、42歳の時に富良野に拠点を定めている。『北の国から』はテレビ局のプロデューサーから北海道を舞台にした企画を持ちかけられたことに端を発するのだが、当初はまったく乗り気でなかったという。プロデューサーの念頭にあったのは、映画『アドベンチャー・ファミリー』(1975)というロサンゼルスの都会生活を離れてロッキー山脈に移住した一家をめぐる物語と、オホーツク海沿岸を4年かけて制作された、日本の動物ドキュメンタリー映画の先駆に位置づけられる『キタキツネ物語』(1978)。1年2ヵ月をかけた長期ロケにより、四季の移り変わりと一家、特に子どもたちの成長過程をじっくり描く丁寧なドラマ作り(放映は半年間)は今となっては隔世の感がある。
 バブル景気を目前に消費文化への傾向を強めていく只中にスタートし、トレンディ・ドラマという新しい潮流を尻目に80年代後半にかけてのシリーズ化により国民的なドラマとして発展を遂げていくに至るのだが、様々な偶然と必然による時代の産物であることを実感させられる。富良野のスキー・リゾート開発を牽引した西武グループの堤義明は倉本聰の麻布中学高校時代の同級生として親交が厚く、プロジェクトの数々に広義のセゾン文化が大きく関与している。時代に抗う作風が時代の産物たりうるという逆説もまさに国民的なドラマならでは。
 とはいえ、『北の国から』の開始当時は地元での放映もまだなされておらず、観光産業化への期待もなく、地元の支援もまったくなされなかったそうで、「人為的な」町興しによる産物ではなかったというのもおもしろい。
 「資料館」以外にも、実際に撮影に使用された家を訪問することができるのがロケ地めぐりの魅力。車で十分程度の距離でも、歩いてまわるとなると優に一時間以上かかるので(連日、2万歩を超える移動を強いてしまいました)、高齢者連れということもあってか、見かねた観光協会の方が帰り道、車で乗せていってくださることに。おかげさまで「資料館」閉館後の計画についてなどいろいろとお話をうかがうことができました(ありがとうございました)。
 『2002遺言』に登場する「拾ってきた家~やがて町」は、廃材を利用して作られた家屋であり、消費文化に対するアンチテーゼとしての『北の国から』の集大成となるもので、新時代の建築として先鋭的な実践例にもなっている。個人的に思い起こされたのは、「ジャック・ロンドン歴史公園」での家屋(ウルフ・ハウス)や牧場。建物の雰囲気やその背景となる理念もよく似ているし、ロンドンが消費文化の時代を生きていたとしたら、「拾ってきた家――やがて町」のようなリサイクル・ハウスの発想ももたらされていたのではないか。

 また、ライフコースを辿るドラマとして、テレビドラマ『ふぞろいの林檎たち』(1983-97)や、アメリカのドラマ『大草原の小さな家』(1974-84)、映画版『ハリー・ポッター』シリーズ(2001-11)などの類例もあるが、子ども時代から21年の歳月を描き続けた『北の国から』はその中でも突出した存在であり、そもそもの成り立ちからしてまだ台本が半分しかできていない段階で純と蛍の役者が決まり、キャストのイメージを台本にあてこんでキャラクターが作られていったという。最終作『2002遺言』では、蛍役の中嶋朋子の実子が蛍の息子役として登場しており、中嶋朋子はその案に難色を示していたらしいが、ドキュメンタリーとドラマの要素の融合が様々な形で示されている(「ドキュラマ」という概念用語で説明されている)。
 スタッフの高齢化に伴い、シリーズは2002年に幕を閉じるが、後日談の構想はたびたび語られており、「頭の中の『北の国から』――『2011つなみ』」(『文藝春秋』2012年3月号)によれば、東日本大震災を主題とした構想があるという。脚本版だけでも形にしてほしい。

 さらに場所を移して小樽では、2017年8月の閉館がすでに発表されている「石原裕次郎記念館」を訪問。私の世代における石原裕次郎(1934-87)像としては、TVドラマ『太陽にほえろ!』(1972-87)のボス役の印象が強いが、81年に大きな手術を行って以降長期にわたって闘病中であったわけで全盛期や代表作をリアルタイムでは体験できていない。享年52歳! プログラム・ピクチャーとしての「日活アクション映画」ジャンル、あるいは、映画からテレビへのメディア文化の変遷、男性性の観点など、大衆文化研究において検討すべき要素は様々にあるのだが、世代的にぽっかりと抜けてしまっている存在でもあり、その華やかな「スタア」としてのあり方を辿る展示の数々は新鮮なものであった。
 テレビドラマ『西部警察』(1979-84)は、今でもコレクターズ・アイテムが充実していて人気がある作品だが、西部劇(特にマカロニ・ウェスタン)のイメージがどのように投影されているかなど比較文化の素材としてもおもしろい。武装した刑事たちが「自ら最終兵器として凶悪犯罪に立ち向かう」(!?)という設定はもはや成り立ちえないだろうし、銃撃戦、カーチェイス、爆破シーンを存分に盛り込んだアクション技法は、刑事ドラマ文化史の中でも傑出している。
 テレビ文化研究は映画や書籍と比べても扱いが難しいのだが、時代の空気とテレビというメディアならではの実験精神がよく伝わってくるもので、時代の変遷を探る上で恰好の素材となることを実感できた。
 
 帰りは北海道新幹線により函館から帰還。肝心の母親は車窓の眺めも印象に残らないぐらい疲れて寝ていたらしく・・・、まあしょうがないか。







スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。