借りてきた猫のように

――フィクションの中で生きる~映画・小説・音楽・マンガなどの日常――

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超歌手のユートピアと実験(2017年3月22日)


 大森靖子のニュー・アルバム『kitixxxgaia』(計13曲+α)が3月15日にリリース。
「エイベックス商法」と称されるように、「(1)通常版(マグマ盤=CDのみ)」を含めて計4形態での発売。「(2~4)特別盤」には弾き語りによるボーナストラックがそれぞれ一曲ずつ付されており、さらに「(2)ガイア盤」では「ミュージッククリップ集DVD」と昨年の「ライブツアーファイナル公演(Zepp Tokyo)CD」、「(3)ドグマ盤」では「ライブツアー公演Blu-ray」、「(4)カルマ盤」では「年越しカウントダウンライブ、ファンクラブイベントなどの特別編集版DVD」が付く。

「ライブ盤DVD/Blu-ray」がもし独立して販売されるとしても「ライブ盤CD」もぜひ付けてほしいと願っていただけに嬉しい。ライブ盤CD自体がすでに時代遅れで旧世代の遺物であるのかもしれないが、外出先で聴くライブ盤は格別で、かつ飽きない。
 昨年3月にリリースされたアルバム『TOKYO BLACK HOLE』の全国ツアー(2016年10~11月)のために結成されたバンド「新●z(シン・ブラック・ホールズ)」は、『シン・ゴジラ』を連想させるいかにも即席の安易な命名ではあるのだが、今、奏でたい「音」、ライブ・パフォーマンスに必要な編成なのだろう。一貫して個人名義での活動を軸に展開してきているにもかかわらずわざわざ2015年初頭にバンド「大森靖子&The ピンクトカレフ」を解散させていることからも、新●zは実力派揃いのメンバーで、既発表曲も含めて新しいアレンジによりどのように曲が生まれ変わるか聴きごたえがある。
 大森靖子といえばギター一本の弾き語り(時に生ピアノも交えて)が一番良いという声は根強いが、バンド編成や会場のレイアウト、集う観客層によってまったく異なる面を見せてくれるのが彼女のパフォーマーとしての真骨頂である。たとえば代表曲「ミッドナイト清純異性交遊」はこのライブ盤も含めて複数のバンドによる音源がCD化(および公式配信)されているが、それぞれ印象がまったく異なる趣を楽しむことができる。一緒に演奏する者、それを共有する観客に応じて不思議なぐらい多彩な色合いを見せてくれる。

 ニュー・アルバム『kitixxxgaia』は産休からの復帰作となった前作『TOKYO BLACK HOLE』からちょうど一年ぶりとなる作品であり、共作曲、バンド編成の曲が多い点に最大の特色がある。前作が「都会に暮らす若い世代のそれぞれの生活」を、内面を掘り下げるように見つめ、「黒」を基調としていたのに対して、新作アルバムでは「極彩色」のジャケットがその対照性を際立たせている。
 コラボレーションを打ち出した3枚連続シングル企画での小室哲哉、の子(神聖かまってちゃん)との共作曲、映像作家t.o.Lによるアニメ『逃猫ジュレ』のテーマソングに加え、2月にジョイント・ライブを行ったDAOKO、昨年の生誕祭ライブでのセッションにて産み出された曲(「コミュニケイション・バリア」)もあり、さらにラストに配置された曲「アナログ・シンコペーション」では、ツアー・バンド新●zの面々、ソウル・フラワー・ユニオンの奥野真哉など複数の名前が作曲の共作者としてクレジットされている。2016年後半の全国ツアー、シングル連続リリース企画、および各種フェス、ジョイント・ライブなどと平行してこのニュー・アルバムの原形が作られていった背景ならではなのだろう。

『kitixxxgaia』は当初、カタカナ表記でリリース情報が発表されたものの諸般の事情でアルファベットによる表記変更がなされ、「キチ(基地/聖地)」+「ガイア(女神)」から成る造語による概念であるという説明が公式HPにて発表されている。
 産休中に制作されたことから「内」に向かう傾向が強かった前作とは対照的に、今作では「外」と繋がり音楽による交流(「シンコペーション」)を楽しんでいる様子が存分に伝わってくる。
 誰と、どのような類の要素と混ざろうとも受け入れる度量の広さと、そこに自分の色を重ねていくたくましさがより際立つ。「弾き語りパート」と「バンド編成」との合わせ鏡のようなライブの二部構成が端的に示すように、「内向き/外向き」のどちらの志向も大森靖子に欠かせないものだ。
 このタイトルであることによって制約や先入観が生じてしまうのは惜しまれるが、それぞれの場所で居心地の悪い思いをしているかもしれない人たちをも繋ぎ、誰をも排除しないユートピア的共同体として、「性別も国籍も超越した個性が削られない世界」=「キチ・ガイア」が構想されている。
 セッションや他のミュージシャンとの共作曲、多彩なアレンジャーの起用など従来に比しても多様性に満ちたアルバムとなっているが、「ガイア(女神)」を自任する大森が計13曲すべての歌詞を担うことで一見バラバラなそれぞれの世界を「繋いで」いる。
 「感情のステージに上がってこい」というナレーションで一曲目の「ドグマ・マグマ」がはじまるように、鼓舞され、煽られながらも、「キチ・ガイア」の世界の楽しみ方は人それぞれであり、それぞれがそれぞれのペースでそれぞれにとっての居心地よい場所を見つけ陣取ることができる。人って皆それぞれが違ってるからこそおもしろい。「超歌手」を名乗るだけあって、大森靖子の姿も決して一様ではない。

 前作『TOKYO BLACK HOLE』と比べると、統一感に欠け、散漫に見えるかもしれないが、外に向かって他者との軋轢をもおそれず交流の接点を探ろうとする大森靖子の「今」の姿がそっくりそのまま現れている。
 相変わらずライブやフェスの出演は多いし、楽曲提供のみならず音楽の枠をも超えた活動はむしろ広がる一方ですらある。それでも、「アナログ・シンコペーション」という曲が示すように、いかにも大がかりなタイアップとしてではなく、あくまで顔が見える「アナログ」な交流により、少しずつじわじわと広がっていく様がいかにも似つかわしい。
 ファンの中には様々な表現活動を志している若い世代も多いようだが、「いつか一緒の舞台で活動できるようにそれまでお互いに頑張ろう」と声をかけ励ましている姿をよく見かける。現実世界においてもユートピア共同体としての「聖地」は拡張しつつある。
十代の大森靖子がほぼ友達もなく過ごしていたらしいことが信じられないほど、その心臓の強さ、コミュニケーション・スキルの高さに圧倒される局面が多いのだが、周囲に群れずに「ぼっち」で孤高を貫くことは確かに精神的な強さに裏打ちされたものであるのだろう。

 新作アルバムで個人的に好きな曲は「コミュニケイション・バリア」。元「ふえのたす」のヤマモトショウによる作曲曲であり、昨年9月18日の大森靖子生誕祭(コピーバンド大会)にて「相対性理論を中心としたコピーバンドの部」でセッションした際の副産物であるようだ。男性教師を翻弄する17歳の女子高校生を描いた「子供じゃないもん17」(2014)の系譜に位置づけられる曲で、こちらも17歳の女子高生を主人公にしたストレートな青春もの。
 街で飛び交う言葉をそのまま曲に放り込んだような歌詞もあれば、こういうかわいい世界を言葉遊びをふんだんに交えながらポップに描くのも巧いのがずるい。

 大森靖子のファンクラブは「実験現場」と命名されており、月一回新宿(Loft Plus One)で開催されるトークイベントは「実験室」。2017年2月には大阪ではじめて「出張実験室」が開催され、会場(Loft Plus One West)にとっても初の試みとなる早朝8時スタートのイベントとなった。
 誰もやってないことをやるのは単純におもしろい。ファンクラブ創設一周年を記念して発行された会報には、会員を指して「実験現場被験者の皆さん」と呼びかけられており、そうか、我々は壮大な実験に立ち会っている被験者なのだったという思いを新たにする。
 誰も到達していない地平を目指して。












スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。