FC2ブログ

借りてきた猫のように

――フィクションの中で生きる~映画・小説・音楽・マンガなどの日常――

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終わらないグラウンドホッグ・デイ(2017年8月20日)



 ブロードウェイ・ミュージカル『グラウンドホッグ・デイ/恋はデジャ・ブ』がオーガスト・ウィルソン・シアターにて公演中。

 もともとはビル・マーレー主演による1993年の映画作品を原作とするもので、知る人ぞ知る人気作。ビル・マーレー演じる天気予報士の主人公フィルがテレビ番組収録のためにペンシルバニア州に実在する人口6000人ほどの小さな町パンクサトーニーにいやいやながら出張するのだが、収録を終えるや帰ろうとするも大雪のために道路が封鎖されてしまい町から抜け出せなくなってしまう。そればかりか、同じ一日を永遠にくりかえす羽目に陥る。 
 「グラウンドホッグ・デイ(聖燭節)」とはグラウンドホッグ(ウッドチャック、リス科)に春の訪れを占ってもらうというアメリカ東海岸の一部地域で実際に行われている行事で、節分に相当する2月2日に開催されている。その起源は19世紀後半に遡る長い歴史を有するも、もともとは小規模な地方行事であった。ところが映画の公開以後、すっかり有名になり、現在では4万人近い訪問客で賑わうほどまでに。

 主人公フィルは、なぜ自分のようなスター・キャスターがこんな田舎町まではるばるやって来なければならないのかと尊大な態度でふるまい続け、周囲から顰蹙を買っている「嫌な奴」。一方、取材に同行するヒロインのリタは、番組プロデューサーとしてフィルのこともうまく扱いながら、お祭りを楽しむ町の人々の様子を魅力的にリポートできるように尽力しており、明るくて気づかいのできる「良い人」。
 日本のポピュラー・カルチャーを視野に入れれば、押井守監督のアニメ映画『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』(1984)や、『涼宮ハルヒの憂鬱』の「エンドレス・エイト」(2009)、ハリウッド映画化された『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(2014)など、同じ時間をくりかえすモチーフ(ループもの)は何度も描かれてきた。
 その中で『グラウンドホッグ・デイ/恋はデジャ・ブ』が際立って映るのは、中年男性の恋愛(ロマンティック・)コメディを基調としている点。物語開始の時点ではフィルとリタの間に恋愛感情が芽生える兆しはまったく見られない。「自分にふさわしい相手にようやく出会えた」というエンディングはハリウッドのロマンティック・コメディでお決まりの筋書きだが、男性の「中年の危機(ミドル・エイジ・クライシス)」をめぐる物語でもあって、人生を折り返す年齢を超えて、これからどう生きるかを問い直すことも主題の一つ。
 「もし同じ一日をくりかえし続けるとしたら?」の仮想のもとにくりひろげられるフィルの試行錯誤は哲学的な意味をも帯びるもので、ティーンネイジャーの物語とも異なり、「もううんざり。死にたい」と思っても死ぬという選択すらできない苦悩が切実に映る。

 「なぜ今ブロードウェイ・ミュージカルに?」という疑問を抱きつつも、時代をこえて普遍的に響く物語であることはまちがいなく、中年男性の恋愛コメディというジャンルからも日本では「知る人ぞ知る」作品に留まりすっかり忘れ去られつつあるが、現代版としてリメイクできるなら絶好の機会。
 時間をくりかえす展開は映画であればこそ編集によって表現しやすいものであるが、舞台でははたしてどのように再現しうるのか? また、ビル・マーレーの主演作品ということもあり、傲慢で不愛想で嫌な奴という個性的なキャラクターをどのように演じるのかが焦点となる。フィルは歌って踊る感情表現豊かなキャラクターとは対極の存在である。
 また、「もし同じ一日をくりかえし続けなければならないとしたら?」という、いわば中二男子的な妄想を、大人になりきれない主人公が体現する設定からも、「男性のファンタジー」の典型例となるわけで、映画版から25年の時代思潮の変化を経て、セクハラとなる言動や性的願望をどのように扱うのか。つまり、役者/コメディアンとしてのビル・マーレーによって成立していた要素をどのように継承、あるいは変換しうるのか。ブロードウェイ・ミュージカルの観客層からも年齢は高めで、映画版を踏まえたミュージカル版であることを期待する観客が大半であると見込まれる。

 おそらくは百回を超えるほど同じ一日を何度も何度もくりかえし、そこから抜け出すことがどうしてもできないフィルの苦悩を観客に共有させつつも、苦行を強いるだけではエンターテインメント作品として成立しない。映画版でもこの工夫が随所に凝らされていて緩急の効いた物語展開がこの作品の生命線となる。
 舞台上のターンテーブル(移動式テーブル)を巧みに使い、時に鳥瞰図的な構図なども交えながら、視覚的にも単調にならないような構成が見所。驚くべきことに、映画版と同じ脚本家(ダニー・ルービン)が担当していることにより、映画版のエピソードの多くが2幕2時間30分の舞台でほぼ忠実に再現されている。
 主役を演じるアンディ・カールは、ビル・マーレー演じるフィルに寄せた役作りをしている。誰が見ても「嫌な奴」であることが重要であり、それでいて観客から心底嫌悪されてしまうようでは主人公になりえない。恋愛コメディとしても、哲学的な側面からも、共感もしにくいし、恋愛の憧れの対象となるような主人公ではない。ビル・マーレーならではであった難しい役どころをうまくこなしている。
 また、冬の終わりをめぐる物語であることからも、防寒による冬の装いと、同じ朝の到来を示す場面では部屋でくつろぐ下着姿との対比が重要であるわけで、要は「服を着ては脱ぎ」を何度もくりかえさなければならない。
 主演俳優賞をはじめトニー賞は7部門でノミネートされながらも残念ながら一つも得られなかったのだが、主演俳優、舞台美術、脚本が卓越している。マルチメディア化がより一層進む現在に物語を再創造することで、テレビをめぐるメディア表現や時間を意識させる「時」を現す舞台装置も目を引く。

 2016年英国ロンドンでの初演後、2017年4月にスタートしたブロードウェイ公演初日はターンテーブルが故障してしまったことにより舞台の続行を断念せざるをえなかったという。ほかにも、主演のカールがプレヴュー公演時に怪我をしてしまい代役をたてざるをえない事態などを乗り越えて、人気と評価を着実に高めてきている。けっして派手な物語ではないが作り込まれた舞台であることが随所に見受けられる。
 舞台化を経て、あらためて実感されるのは物語の筋立てはオーソドックスなものであり、ふと映画『素晴らしき哉、人生!』(1946)が思い起こされた。クリスマスを舞台にした物語であることから半世紀以上にわたって、クリスマス時期にテレビなどで放映される定番の物語として現在まで継承されてきた。「自分がもし存在していなかったら?」という仮想の世界を天使によって見せてもらうファンタジーを軸に、人生を見つめ直すという筋立ても実はとてもよく似ている。
 2月2日には『グラウンドホッグ・デイ/恋はデジャ・ブ』を鑑賞することを習慣にしているという声も実際に見聞きするのだが、ミュージカル版を経て、あらためて注目がなされることでこれまでに作品が届かなかった層に関心をもってもらう契機となればと思う。ひょっとしたらいずれ現代版のリメイク映画などの構想も出てくるかもしれない。キャラクター造形や時代思潮の変化を織り交ぜたアップデート版も有効だろう。













スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。