借りてきた猫のように

――フィクションの中で生きる~映画・小説・音楽・マンガなどの日常――

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この世界の片隅に(2017年9月)



 とある家族行事と敬老の日にあわせて母親の3姉妹が「最後の旅行」のために来宅。
伯母二人が広島から上京し、従兄が車で富士山の見える河口湖の温泉宿まで連れて行ってくれることに。
あれ? 十年ほど前にも「最後の旅行」で日光に行ったはずでは、と思いつつ、一番上の伯母はすでに80歳を越えており、「最後の旅行」の延長もそれはそれでおめでたいかぎり。
敬老の日もすでに授業がはじまり休日ではなく、そもそも車の免許すらない私に何ができるかと言えば、何もないなあと思いながら、ちょうどタイミングよく、アニメ映画『この世界の片隅に』のブルーレイボックスが、細馬宏通さんによる待望の新著(比較メディア文化研究の名著!)『二つの「この世界の片隅に」――マンガ、アニメーションの声と動作』(青土社)と共に届いたので、本で得た知見をさらに盛り込んで、上映会+特別授業をしてみました。

 呉と東広島に住む伯母2人もそれぞれの映画館で鑑賞していたようで、さすが地元。
小学校の国語教師をしていた叔母は、忠実に広島弁が再現されていた分、数か所違いが気になるといえば気になった、と話していたので、「もしや」と思って確認してみると、「やはり」でした。それはですね、あなたたちが広島弁と思っている言葉が実は広島弁ではない(=呉弁)という。このアニメ映画では広島と呉との言語文化圏の差異が丁寧に描き込まれていることをあらためて実感できました。今後は世代の差異もますます大きくなるでしょうね。伯母の言葉はもう若い世代には継承できないだろうなあ。
ブルーレイ(DVD)の良さは、お喋りしながら何度でも鑑賞できることで(それはけっして映画にとってよいことではないことを承知しつつも、「もう一回」とリクエストに応じて十回以上くりかえし観た場面も・・・)、特定の風景やそれぞれの記憶を、ああでもない、こうでもない、と想い出すきっかけになってくれたようでした。
一番年長の伯母は終戦時、十一歳で、私の母親をおぶって大八車を引きながら疎開先(祖母の実家)から呉まで歩いて帰る途中に米兵に写真を撮ってもらったそうで、そんな写真がどこかで流布していたとしたらおもしろい。

 正直なところもう少し有益な話が聞けるかなという期待もあったのですが、これがまた本当にさっぱりで、こちらが掘り下げたい肝心なことは記憶がおぼろげだったり、子どもだったので認識できていなかったり、そもそもうまく説明できなかったりでまったく要領をえず。挙句にそれぞれの記憶の正しさを主張するあまり口論になりかけることもしばしば。

 でもまあ当人たちが楽しそうだからよいか、ということでおかげさまで楽しい時間を過ごしてもらうことができたのでした。







スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。